レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧»  AIKOU’s voice

AIKOU’s voice

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2017.12.11. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 一昨日の医局旅行は大変楽しかったですね。若い先生方もシニアの先生方も仲良く一年の疲れを温泉で洗い流し、そして一次会二次会と騒いで弾けました!皆で桃色クローバーZのココナッツを踊ったのもとても盛り上がりましたね。Jasonも慈恵に来てこの賑やかな仲間たちと楽しい日々を送ってくれていると嬉しいです。本当に楽しかった!皆、活気があり、真面目で、でも夜は弾けて仲がいいというのは最高の職場であると思います。慈恵医大産婦人科講座は多士済々だと改めて思いました。本当にありがとうございます!また、今回は当直や育児などでいらっしゃれなかった先生は、是非来年参加してくださいね。
この調子で今週も頑張りましょう。どうぞよろしくお願いします。
 

2017-12-11 10:24:51

2017.12.4. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週は生殖医学会とアジア婦人科腫瘍学会(ASGO)がありました。発表者の先生方、お疲れ様でした。ASGOは最新の情報が満載の充実したプログラムとSocial eventでとても素晴らしい学会でした。外国の方々との交流も盛んで本当に良かったと思います。
土曜日には同窓会総会があり、東京大学の藤井教授が不育症についてとても素晴らしい学術講演をしてくださいました。藤井教授は不育症だけでなく、専攻医に関しての最新の情報を交えながら、とても分かりやすく、かつ丁寧に、そしてユーモラスにお話をしてくださいました。講演の構成が見事でアカデミックでありながらも聴衆を引き寄せるものに仕上がっていて、さすが東京大学の教授だと感じ、自分の講演を顧みる勉強にもなりました。
世の中の移り変わりを予想し、準備しておくこと、これが差をつける秘訣なのだと感じた先週でした。
 それでは今週も頑張ってまいりましょう。どうぞよろしくお願いします。
 

2017-12-04 10:20:23

2017.11.27. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週は四水会と日本胎盤学会が開催されました。
四水会ではレジデント1年目の富田先生が発表を頑張り、またその後の懇親会や2次会・3次会でも他のレジ1の先生方が頑張ってくれました。残念ながら当直などで参加できなかったレジ1の先生方もおりましたが、また次回、一緒にスパークリングしましょう。
日本胎盤学会では、梶原先生と山村先生の発表が大変立派でとても頼もしかったです。また、来年の第26回日本胎盤学会、第36回絨毛疾患研究会と共同開催の国際胎盤学会(IFPA)に関しても進捗状況を報告してまいりました。今週は慶應の青木先生の主催でASGOが開催され、第60回婦人科腫瘍学会およびIGCS2018の会議や進捗状況の報告があります。国際学会を同じ年でそれも1週間違いで主催するような機会は本当にrareだと思いますが、皆さんのご協力と調和力を信じておりますので、ぜひご協力をよろしくお願いいたします!
また、今週末は同窓会がございます。東京大学の藤井産婦人科学会理事長の講演がございますので、皆さん、マストで参加のほどよろしくお願いいたします。それでは今週も頑張りましょう!
 
 

2017-11-27 10:36:12

2017.11.13. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
先週は東京医科歯科大学の宮坂教授の特別講演がありました。
MRIについてのご講演でしたが、宮坂教授が並々ならぬご努力でMRIの研究されていらっしゃる経緯を拝聴し、真のサイエンティストとして研究する大切さを教えられたと思います。
また、先週は前半まで私用でお休みさせていただきましたが、その間皆さんにいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。今は完全復活しましたのでまたよろしくお願いします。
先日、父のアルバムからいい文章を見つけました。それは福澤諭吉の心訓です。

一、世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。
一、世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です。
一、世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。
一、世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。
一、世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。
一、世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。
一、世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

福沢諭吉が作成したとされる7則からなる教訓であり、知っている方も多いと思いますが、どうぞ素晴らしい教訓ですので、ぜひ参考にして今週も頑張りましょう。
 

2017-11-13 10:01:02

2017.10.30. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて、先週はHBOC診療の講演があり、島根大学の京教授が発表されました。京先生はSuper researcherと言われたとてもアカデミックな先生で、研究会や学会でとても素晴らしい発表や鋭い質問をされる日本を代表する基礎研究者です。現在、研究はもちろんのこと、基礎研究で養われた深い洞察力で手術も含めた臨床・教育を科学されていらっしゃり、先日の講演では卵巣癌の発生のメカニズム、HBOC体制の導入などを見事に講演していただきました。
 また、私は先週、三重大学で講演する機会をいただきましたが、講演後に多くのサイエンティフィックな質問を頂戴しました。様々な視点からの質疑を受けていてやはり大学という機関は常にこのようなアカデミックな学風が大切なのだと再確認しました。今後、皆さんはいろいろな道を歩んでいくと思いますが、できれば基礎研究や臨床研究での学びを通して幅広く奥深い洞察力を養っていただき、アカデミズムを追及していただきたいと思います。
それでは今週もよろしくお願いいたします。
 

2017-10-30 10:49:00

2017.10.10. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週は矢内原講師と小生のアメリカ留学のボスであるCurtis Harris先生の特別講演があり、学長先生や呼吸器外科、呼吸器内科の先生にも参加していただき、肺がんのprecision medicineについてご講演いただきました。また土曜日には島根で広汎子宮全摘術の研究会があり、とてもサイエンティフィックな視野からの手術研究会となりとてもアカデミズムを感じました。さらには慈恵産婦人科の女性医師の会にお招きいただき、参加されている女性医師のスピーチを拝聴してX染色体の遺伝子はY染色体のそれよりはるかに優秀であることを痛感させられました。
 以上のようにとても刺激的な一週間でしたが、わが産婦人科講座はアカデミズムや国際化を大切にしながら、多様性を受け入れ、ワークライフバランスも十分に考慮し、皆が満足して働けるように小生は全力を尽くしていくべきであることを再認識しました。皆さんもぜひ一緒に頑張りましょう。
それでは今週もよろしくお願いいたします。
 

2017-10-10 10:44:00

2017.10.2. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
10月から本院に戻ってきた皆さん、期待と不安でいっぱいでしょうが、まずは安全を第一に、一日ずつ着実に努力していただきたいと思います。
しかしそうは言いましても、人間昔のやり方や環境にとらわれてしまい思うように自分を変えることができず、刻々と変わりゆく医学会の中で成長が止まってしまうこともあるかもしれません。「脱皮できない蛇は滅びる」という、哲学者のニーチェの言葉があります。変化とは不安や苦痛を伴うものですが、その先には新しい可能性が待っているものです。変化を恐れないPassionを持ちましょう。
それでは今週もよろしくお願いいたします!
 

2017-10-02 11:53:00

2017.9.19. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて、先々週からアメリカシカゴから頼もしい助っ人が来てくれております。Dr. Jason Shapiroです。Jasonは5年以上の知り合いで、毎年シカゴで開催されるASCOの時に紹介され、それから親しくさせてもらっております。獨協大学越谷病院の教授に就任した杉本先生はJasonのサポートのおかげでNorthwestern universityでとても素晴らしい成果を出しましたし、現在Northwestern大学の大学院で頑張っている加藤淳子先生もJasonにお世話になりました。Jasonはとてもレベルの高いScientistでこれから2年間当講座で研究に関する仕事をしてもらいます。また、ご存じの通りとても日本語が流暢なバイリンガルです。日本産科婦人科学会の目指すInternationalizationの流れに乗り、当講座は常に英語で発表し、世界にアピールしていきたいと思います。Jasonも英会話のレッスンを頼めば快く協力してくれますので、どうぞお互いに仲を深めて国際人を目指しましょう!
それでは今週もよろしくお願いいたします。

2017-09-19 10:53:00

2017.9.11. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて、先週は日本産婦人科内視鏡学会学術集会が岡山で開催されました。2,000名を超える参加者で、シニアより若手が非常に多く、外国の方も多く参加されており、今後ますます本学会は発展していくことと思います。今回の学会に参加してみていくつかの課題が見えてきました。その一つは皆さんが一つでも多くの腹腔鏡手術症例を経験できるようにすることです。関連施設で安全を担保しながら腹腔鏡手術を積極的に行っていただきたいと思いますし、非常勤として腹腔鏡手術を執刀できるような機関との連携も考えたいと思っています。また、ロボット支援下子宮体癌手術が保険収載される可能性が出てきましたので、ぜひda Vinciの導入をしていかないといけないとも思っております。
 皆さんは「Grit」という言葉をご存知でしょうか。「Grit」とは、失敗しても諦めずにやり抜く力のことを言います。私は、この言葉は私の好きな「Passion」という言葉とも近い意味があるように思います。皆さん、いろいろと仕事や課題などで多忙を極めていると思いますが、患者さんのため、また、今はまだ治すのが難しい患者さんを将来治せるようになるために「Grit」していただきたいと思います。その皆さんの「Grit」がきっと患者さんへの「Gift」になることでしょう。
それでは、今週もよろしくお願いいたします!
 
 

2017-09-11 13:15:00

2017.9.4. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 マンチェスターで開催された国際胎盤学会(IFPA)での仕事を終え、今朝帰国しました。今回は着いて早々にIFPAの理事会があり、そこで来年の東京開催の準備状況を報告いたしました。佐村事務局長を中心とした皆さんの結束力のおかげで準備状況がとても順調であることをお話し、持参していったプロモーションDVDを理事の方に見ていただいたところ、とても高い評価をいただくことができました。
翌日のIFPA presidentとex-presidentとのface to face meetingでは、より深く踏み込んだ話合いが行われましたが、ここまでの準備状況は高く評価されました。これからさらに気合を入れ、細やかな準備をしてまいりましょう。マンチェスターは今年の5月にテロがありましたが、とても盛況で若いScientistが生き生きと発表されておりました。来年のIFPA Tokyoも活力に溢れ、日本の特色を出しながら実りのある学会にしたいと思っております。
学会最終日には、来年の東京大会について参加者全員の前でプレゼンテーションをいたしましたが、皆さんのご協力でプロモーションDVDもプレゼンテーションもとても好評で、発表者の先生方は参加者から拍手喝采を浴びておられました。ぜひこの調子でサイエンティフィックに充実し、東京ならではのホスピタリティに溢れた心に残る大会にしたいと考えております。日本婦人科腫瘍学会・IGCSもIFPAも全身全霊で打ち込み、慈恵医大産婦人科全員の強い結束力で成功させたいと思いますので、皆さんどうぞこれからもよろしくお願いいたします。
 

2017-09-04 13:01:00

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5