レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧»  AIKOU’s voice

AIKOU’s voice

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019.5.13. 朝カンファレンス

 皆さんおはようございます。令和になりましたが、毎日一生懸命患者さんのため、慈恵医大産婦人科講座のため、世界の女性の幸せのために頑張ってくださって誠に有り難うございます。 
 先週はミーティングが伸びたためにVoiceがありませんでしたので、先週の分も含めてお話します。
さて、GWも終わり1週間が経ちましたが、皆さんはGWをどのように過ごされたでしょうか?当直でなかなか連続してお休みが取れなかった先生もいると思いますが、少しでも気分も体もリフレッシュでき、先週から張り切って働かれているのではないかと思います。
 私はGWの前半はFIGOの参加のためロンドンまで出張してきました。朝から晩まで2日間みっちりの会議でしたが、世界の産婦人科を発展させる機関ですので、通常の学会や会議と違い、女性の健康をどのように守り、女性の権利を向上させるかなどを討論し、とても刺激になりかつ勉強になりました。
今回の会議では、アフリカや東南アジアなどにまだまだ人的な支援や教育が必要だと痛感する議論がなされていましたが、その一方で、経済的にはそれほど問題ないはずの日本がなぜHPVワクチン接種率が低いのかと問題視されているという話題も出て、私も意見を求められる場面がありました。日本にも日本なりの問題があり、取り掛からなければいけない課題がたくさんあります。ぜひ、皆さんには一人ひとり問題意識を持っていただき、ともに日本の、世界の女性を幸せにしていっていただきたいと思います。
 FIGOの会議の後は飯田先生が留学しているエジンバラにも行ってきました。町全体が世界遺産というだけあり、中世期のお城や建物が見事に保存されており、新しい文化との調和も感じられる素晴らしい所でした。飯田先生も現地で元気に頑張っており、ラボに着いてすぐのProfessor Charlie Gourleyやラボの人たちを交えたミーティングでは、自分のプロジェクトをしっかりとプレゼンしている飯田先生の姿を見て、言葉も習慣も違うところでの飯田先生の努力が感じられてとても感動しました。われわれは日々の仕事に追われてあまり考える時間はありませんが、言葉や文化、習慣などが違う地でゼロから始めることが人を大きく成長させるうえで重要なのだと再認識しました。ですから、医局の先生方にはできるだけ多く留学していただきたいと思っています。
 令和になり、私は本院産婦人科では唯一の昭和卒になってしまいました。私が医者になりたてのころ、大正、明治なんて古くさいと思っていましたが、令和の人からみれば私こそが古臭いんだなと思うととても複雑な気分です。せめてもの救いは5月1日をエジンバラで迎えたので、令和に変わった実感が薄くて済んだことでしょうか。
 今週末は一彰先生と廣瀬先生と一緒に上海で開催されるAPOLLO Symposiumに参加し、3名それぞれClear cellについて講演してきます。さらには上海、韓国、日本のJGOGが共同して行うSUNNY trialについて、また田部先生がPIで登録中のJGOG3020についても上海に協力してもらえるよう交渉に行ってまいります。それでは今週もよろしくお願いいたします。

2019-05-13 15:25:14

折りたたむ

2019.4.22. 朝カンファレンス

 皆さんおはようございます。毎日一生懸命、患者さんのため、慈恵医大産婦人科講座のため、世界の女性の幸せのために頑張ってくださって誠に有り難うございます。 
 さて、土曜日は聖マリアンナ医科大学産婦人科講座との合同研究会、JISEIカンファレンスが開催されました。カンファレンスに参加していただき、夜の懇親会も2次会、3次会と遅くまで参加された先生方、本当にお疲れ様でした。カンファレンスの演題もすべてレベルが高く、今後臨床に生かされそうな内容でとても勉強になり、刺激になりました。楠原先生、高橋先生、座長の竹中先生、そして柳田医局長、ありがとうございました。
 聖マリアンナ医科大学産婦人科講座の鈴木直教授とはとても長いお付き合いをさせていただいており、直教授の方が私より若いのですが、教授歴は私より長く、いつもご指導をいただいております。特に、生殖部門においては拝野先生、鴨下先生、そして現在白石先生が聖マリアンナに留学して大変お世話になっており、また、楠原先生のシカゴ留学のきっかけをつくっていただいたのも鈴木直教授のおかげです。また、獨協大学越谷病院のリプロダクションセンター長の杉本教授も鈴木直教授にお世話になりました。このように、様々な場面で大変お世話になっている直教授ですが、それに加えて今回のようなカンファレンスで若い人も含めた医局員同士が交流も持つことはとても大切な機会であると思っています。若い先生方はまだ想像がしにくいかと思いますが、あと5年、10年したらわかると思います。来年は聖マリアンナ医科大学で開催されますのでぜひ当直以外の先生はなるべく全員参加していただきたいと思います。集談会と同様にとても大切な研究会ですし、参加していただいた先生方にはきっと素晴らしいインセンティブになることでしょう。
 われわれは大学人ですので、大学でやらなければいけないタスク、臨床・研究・教育があります。
皆さんには、今治せない患者さんを将来必ず治すためにも基礎や臨床の研究をしていただき、他の機関の先生方と積極的に交流を持ち、活発に情報交換をしあってほしいと思っております。その繋がりが研究をスムーズに発展させたり、自身の研究の励みにもなったり、そして一生の友人を得られる良い機会になる可能性もあるからです。慈恵の中だけでなく、外の世界もみて、世界の最高を知っていただき、ぜひ自分のレベルアップにつなげてください。
 いよいよ今週末からGWが始まります。世の中は10連休ですが、私はFIGO理事会がロンドンで開催されるので、今週末から参加し、また、エジンバラで頑張っている飯田先生にも会ってくる予定です。皆さんも当直などで大変だと思いますが、休めるときはしっかりと休んでくださいね。それでは今週もよろしくお願いいたします。

2019-04-22 16:59:25

折りたたむ

2019.4.15. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 昨日まで日本産婦人科学会学術集会が名古屋で開催されました。天気にも恵まれましたし、内容も充実しており、とても素晴らしい学術集会だったと思います。学術集会で発表された先生や学生のみなさん、そして参加された先生方、本当にお疲れさまでした。また、学術集会の間、各病院を守ってくれた先生方に感謝いたします。
昨日の最終日は若手委員会企画がありました。来年より初期研修医が産婦人科必修となることから、「初期研修医にとって魅力的な産婦人科研修医とは」と題して、パネリストの一人として柳田医局長が「意識改革」の重要性を強調されました。また、指導医講習会では「働き方改革元年」と題し、産婦人科医の働き方改革についてパネルディスカッションがありました。2024年の期限に向けて本格的な働き方改革が必要となってきました。分娩取り扱い病院の大規模化・重点化、年間500名以上の新規産婦人科専攻医の実現、産科診療における高水準のチーム医療の推進、産婦人科女性医師の継続的就労支援など多くの課題がありますが、各機関が少しずつでも課題解決の実現に向けて力を入れていかないといけないということを改めて感じさせられました。柳田医局長が提案されるように、講座内にもこのようなワーキンググループを正式に設立し、担当者にインセンティブをつけて実現に向けて取り組んでもらうようにしたいと思います。また、常に皆がアップデートな情報を共有し、いつもお互い感謝しあう気持ちを忘れずに、皆が仲良く調和を保ち、常に熱いパッションをもつことがとても大切であることを再確認しました。皆さんもぜひそれを忘れないでください。それでは今週もよろしくお願いいたします。

2019-04-15 09:50:00

折りたたむ

2019.4.8. 朝カンファレンス

 皆さんおはようございます。毎日一生懸命、患者さんのため、慈恵医大産婦人科講座のため、世界の女性の幸せのために頑張ってくださって誠に有り難うございます。 
 4月も第2週となりました。令和という新年号も決まりました。新年号発表の瞬間に立ち会いたいと言っていた先生方、よかったですね!
 さて、4月から本院に来られた先生にお話をします。大学病院は最先端の医療を患者さんに提供することはもちろんのこと、臨床に活かせる研究、そして次世代に継承する教育という3本柱があります。それに加え私や佐村准教授、岸准教授、矢内原准教授、柳田講師、上田和講師らをはじめとした先生方には学外での社会活動があります。わかりやすく言うと学会活動を含む政治的な活動などが含まれます。我々は多くの国内施設と仲良くして、オールジャパンを作り、世界レベルで産婦人科という科を発展させる任務があります。皆さん、それを覚えておいてください。
 第2週目となり新しい先生にもどんどん活動していただきますが、最初はゆっくりでもいいので一つずつ着実に仕事をこなしてください。焦りは禁物です。自信がない時は必ず優しい先輩方に聞いてください。先輩方は桜の花びらのように皆さんのことをいつも見てくれています。必ず懇切丁寧に教えてくれますので安心してください。
 また、慈恵医大産婦人科講座は紳士と淑女が集まった組織です。服装はきちんとしましょう。特に本院はコスモポリタン東京の中心地にあります。常に紳士と淑女を意識して身なりを整えてください。それから、私は集談会を大切にしております。集談会他の人から刺激を受けるいい機会です。最先端の知識や技術を知るチャンスがありますし、医師は科学者であることもよくわかります。皆さん、必ず集談会には時間厳守で参加してください。このような素晴らしいチャンスを放棄しないでください。直接会場に来れない場合はぜひZOOMで参加してください。
 調和を大切にしながら、真剣に、そして楽しく明るく元気よく、有志竟成の精神を忘れずに慈恵産婦人科講座一員としてプライドを持って張り切ってまいりましょう。
それでは今週も宜しくお願いします。

2019-04-08 11:00:45

折りたたむ

2019.4.1. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!いつも世界の女性を幸せにするために毎日努力していただき誠にありがとうございます。
 岸先生をはじめ本日多くの先生方が本院での初勤務となります。私共は仲間です。調和を大切に、個性を生かしながら患者さんのために頑張っていただきたいと思います。よろしくお願いします。
 さて、先々週、イチロー選手の引退会見がありました。とても味わい深い会見でした。特にイチロー選手が語った次のようなお話はとても共感できるものでした。

「アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。このことは、外国人になったことで人の心を慮ったり(おもんぱかったり)、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。孤独を感じて苦しんだこと、多々ありました。ありましたけど、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと今は思います。だから、つらいこと、しんどいことから逃げたいというのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気のある時にそれに立ち向かっていく。そのことはすごく人として重要なことではないかと感じています」

私も、イチロー選手にはとてもかないませんが、思い返せば同じような経験をしました。もう25年以上前のアメリカ留学時代、私は何度も自分が”外国人”であることを痛感させられました。人種差別とまではいきませんでしたが、自分自身がアメリカでは「外から来た人間」であり、社会的にも日本とは全く違う環境に置かれることに慣れるまでは結構きつかったです。しかし、努力して少しずつですが結果が出るようになってからは、だんだんアメリカ人が近しく感じるようになり、そしてついには認めてもらえるようになりました。最初は私のことを何と言っていたか、たぶんそれは良いことばかりではなかったのでしょうが、自分なりに這いつくばって努力して、なんとか途中から認めてもらうようになってからは、本当に楽しかったです。とても充実したアメリカ留学でした。しかし、今、同じことをやれと言われたらきっとできないのではないかと思います。それは、当時の私はまだ若くて好奇心とエネルギーに溢れ、また失うものはないという気持ちもあったからのように思います。ですから、私はぜひ若い諸君に、今そのエネルギーある時にどんどん研究をして、留学をしてほしいと思うのです。基礎研究でも臨床研究でもOKです。もちろん人によっては事情があり、それが難しい人もいるでしょう。その場合は当講座に来る外国人留学生の気持ちを親身に考えていただき、積極的にコミュニケーションを図ってください。今までなかった自分が現れるはずです。チャレンジできる環境の人は多少難しくてもその機会を逃さず、海外留学をしていただきたいと思います。きっと将来がより充実したものになるはずです。皆さんの留学の実現のために、私は努力しますし、皆さんを全力でサポートします。ぜひ、頑張りましょう!
 

2019-04-01 10:30:00

折りたたむ

2019.3.25. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!いつも世界の女性を幸せにするために毎日努力していただき誠にありがとうございます。海外出張が続きましたので久々のVoiceになります。
 まずは山田教授を筆頭に4月から移動される先生方、本院でのご勤務本当にありがとうございました。新天地での皆さま方のますますのご活躍を祈念しております。われわれはいつも慈恵医大産婦人科講座の仲間です。新しい勤務地では本院で習得した技術・知識などを最大限に生かして頑張ってください。その勤務地の習慣やお作法があると思いますので、それも十分に尊重してください。それから関連病院によってはカンファレンスを行っていないところもあるようですが、患者さんのために最適な治療を提供するためにも、スタッフ間のコミュニケーションのためにも、ぜひカンファレンスを定期的に行うようにしてくださいね。期待しております。それでは今週もよろしくお願いいたします。
 

2019-03-25 10:36:00

折りたたむ

2019.3.4. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!いつも世界の女性を幸せにするために毎日努力していただき誠にありがとうございます。
 先々週の土曜日に同窓会役員会があり、多くの諸先輩方が参加されました。皆さまお元気でとても活気のある会となりました。慈恵医大産婦人科講座は116年の長い歴史があり、とても大きな講座であることを再認識いたしました。当講座第3代主任教授で学長としても活躍された樋口一成教授のお言葉を紹介しますね。
1.熱意と誠実をもって、自分のもてるすべてのものを慈恵に捧げ職責を全うしたい。
2.いつも信念をもって仕事を貫け。
3.何ごとにもよろず、自分の仕事に全精力を傾け努力せよ。
4.一日一日いつも前進も期せ。
5.社会人として生きるためには、寛容と忍耐の精神が必要である。
6.基礎医学を土台にもつ臨床家になれ。
7.人間を診る医師になれ、人間愛に徹すること、それがすなわち慈恵の精神である。
8.親の恩、師の恩をいつまでも忘れるな。
9.慈心妙手 (良医は慈しみの心と誇れる腕がないといけない)
10.真恵(真心の真、慈恵の恵)
以上の10の樋口語録です。いかがでしょうか?私は昭和卒ですので、10のお言葉は十分理解できますが、男女共同参画・ワークライフバランス改善の元委員長としては、いくつかは昭和独特の少々強いお言葉もあるかなと思います。HPにアップしますので、ぜひじっくりと読んでみてください。とてもいいお言葉ばかりだと思います。
それでは今週もよろしくお願いします。

2019-03-04 17:17:00

折りたたむ

2019.2.18. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて、先週は高橋一彰先生ががん研究センターで頑張った成果がCancer Cellに掲載され、プレスリリースをしたことを記念する会を研究に携わった国立がん研究センターの方々と行いました。高橋先生の頑張りでARID1A 遺伝子変異の特徴である機能喪失性変異による代謝(メタボローム)異常と、この代謝異常を阻害することによる治療法を見つけ出すことに成功したわけです。APR-246 などのグルタチオン阻害薬やグルタチオン合成酵素に対する阻害薬を使うことで、ARID1A 欠損がん に対する抗腫瘍効果が示されることがわかりました。これから卵巣明細胞癌はもちろんのこと、子宮内膜癌、胃がん、膀胱がんなどでも臨床試験が始められれば素晴らしいと思います。この発見により、当講座の目標の一つである「われわれが開発する新規診断法や新規治療法で世界の女性を幸せにする」という目標が実現するかもしれません。高橋先生、本当によく頑張りました。
 また、一昨日の土曜日には東京産科婦人科学会が開催されましたが、今回はじめて東京・北京・ソウルのJoint meetingも開催されました。楠原淳子先生がとても立派な発表を行い、また座長も立派に勤めあげました。国内外の先生とも活発に交流をしている姿を見て大変嬉しく思いました。皆さんも高橋先生や楠原先生のように研究をして視野を広げていっていただきたいと思います。
それでは今週もよろしくお願いします。

2019-02-18 12:47:32

折りたたむ

2019.2.12. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて、先週はハンブルグで開催された”Challenges in surgery meeting 2019”に出席しました。このミーティングでは良性から悪性、POPまでヨーロッパの一流の先生が100名ほど集まり、ビデオプレゼンテーションに続くディスカッションがメインのmeetingで、とてもホットで充実したものでした。ちなみにヨーロッパ以外からの参加はアメリカ人1名、インド1名、そして日本からは私だけの1名でした。Morcellationに関してバッグ内でどのようにやるかが話し合われておりましたが、これは日本の方が工夫していると思いました。また、ヨーロッパでは術前診断でMRIは保険でカバーできないので非常に苦労しているようでした。鈴木二郎先生が編集してくれたIVLの手術動画はとても好評でした。この研究会での画像の画質は日本人のそれに比べるとお世辞にも良くなく、多少の出血は当たり前でガンガン手術を進める動画が多く、日本人はいかに繊細なのかを再認識しました。ただ、日本の繊細さがすべていいのかと言うと必ずしもそうとは言えないかな、という印象も持ちました。安全に、そして患者さんのためになる手術は繊細なだけでなく、余計な操作を減らし、手術時間の短縮につながる術式も重要だと再確認しました。
子宮内膜症に対し、手術をするかまずは保存的にみるかはホットな討論となりました。やはり最後は患者さんに合わせた治療方針をすべきだということで落ち着きました。ホルモン療法はDNGがヨーロッパでも4-5年前から使用できるようになったとのことで、この薬の登場で手術をしないで保存的に管理する派も増えているようです。しかし、子宮内膜症が悪性化することに関してはあまり知られておらず、人種差と言えばそれまでかもしれませんが、悪性化に関しては無関心でした。
”My worst nightmare”というセクションでは失敗例が提示されていました。コンパートメント症候群で片足を切断まで至り、裁判になっている症例、Para-Aortaの出血例、BOTのmucinous carcinoma再発例などが報告されました。子宮頸がんのセッションではLACCの結果を受けて術式の選択がどのようになったかが話し合われました。ヨーロッパではかなり開腹になっているようです。しかし、Dr. Sven BeckerなどLPRの達人からは不満の声が多く、ヨーロッパで前向きのランダマイズ試験をやる方向で一致していました。しかし、ランダマイズは本当にできるのかという意見も最後まで聞かれました。
卵巣癌のセッションでは上腹部手術の必要性が強調されました。このセッションでは田部先生や斎藤先生が留学した先のボス、Professor Jalid Seholiが世界の進行卵巣癌女性を幸せにするには採算度外視でもエビデンスに基づきながらやるべきことはやるべきだと強調していました。彼のカリスマ性とサイエンティフィックに基づいたエビデンスを武器にパワフルな表現力で皆を先導していたのが印象的でした。今回のミーティングで学んだことは時間の余裕をもってサイエンスに没頭できる時間を持つこと、そして最先端の情報は十分に消化しながら自分の哲学をブラッシュアップすることの大切さでありました。
それでは今週もよろしくお願いします。

2019-02-12 12:43:00

折りたたむ

2019.1.28. 朝カンファレンス

 毎日一生懸命に世界の女性を幸せにするために働いていただきありがとうございます。
 昨日、本講座主催の第7回日本HBOCコンソーシアム学術総会が慈恵で開催されました。608名という過去最高の参加数で、われわれの予想を超えた賑わいとなっておりましたが、慈恵らしいホスピタリティーで運営でき、多くの方々からお褒めのお言葉をいただきました。皆さまのご協力に心から感謝いたします。大坂なおみ選手がオーストラリアオープンで優勝し、「とっても嬉しい、でもちょっとびっくりした」と言ってましたが、私もまったく同じ気持ちです。大坂なおみ選手は「チームなおみ」の力を強調し、感謝しておりましたが、私も「チーム慈恵医大産婦人科」に感謝いたします。本当にありがとうございました。それでは今週もよろしくお願いします。

2019-01-28 12:51:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5