レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧»  AIKOU’s voice

AIKOU’s voice

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019.1.7. 朝カンファレンス

 皆さん新年おめでとうございます。年末・年始にかかわらず毎日一生懸命に世界の女性を幸せにするために働いていただきありがとうございます。
 さて、毎年新年の挨拶で述べておりますが、大学病院ではやらないといけないことがいくつかあります。
まず、臨床では最先端の医療を慈恵らしいホスピタリティで患者さんに提供してください。われわれは患者さんから学ぶのです。一生懸命に自分で勉強して、そして皆とよく話し合い、カンファレンスで方針を決めて患者さんを幸せにしましょう。
次は教育です。臨床が忙しくとも、われわれが一生懸命に努力したことを後輩に受け継いでもらうことは世界の産婦人科の発展のためにとても重要です。でも実は教育に関しては心配しておりません。この4月から14名の新しい仲間が誕生します。当大学から11名が私たちの講座に入局してくれます。つまり学年の10%近くが産婦人科講座に入局してくれるということです。これはすごいことです。医局の皆さんの雰囲気がとてもよく、皆が生きがいをもって働いてくれているので、そのパッションが自ずと学生への質の高い教育として表れ、学生の印象にも残っているのだと思います。このいい雰囲気で今年もお願いします。
そして3番目は研究です。大学で働くかぎり研究はマストです。研究は基礎研究でも臨床研究でもいいですが、できれば若いうちは基礎研究をやっていただきたい。なぜなら基礎研究から臨床研究という方向はありえますが、年齢を重ねると臨床研究から基礎研究という方向は並の医師ではできません。常にリサーチマインドを持ってリサーチクエスチョンを探し、今診ている患者さんだけでなく、今は治せないですが、将来治せるように、患者さんのために研究をしましょう。研究により幅広くかつとてもいい人間関係が構築できますし、自分自身の考察力が鋭くかつ深くなります。そして自分のアイデンティティが形成されます。
最後4番目は学会活動です。現在、矢内原先生が日本産婦人科学会の幹事を務め、私は常務理事を務めております。学会に所属することで最新の情報を入手することができますし、時代の流れをつかむこともできます。昨年は、皆さんのご支援のおかげで国際胎盤学会(IFPA)と日本婦人科腫瘍学会・国際婦人科がん学会(IGCS)を主催し成功裏に収めることができました。今年も1月27日に第7回日本HBOCコンソーシアム学術総会、そして12月には第5回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会を主催します。臨床も研究も教育もさらなる上を目指し、医局員一丸となって頑張りましょう。
それでは今年も宜しくお願いします。

2019-01-07 13:39:00

折りたたむ

2018.12.25. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
今日が今年最後のVoiceになります。今年は大きな国際学会を2つ開催することができました。佐村先生、矢内原先生をはじめとする皆様のご協力に心から感謝申し上げます。産科チームの頑張りで分娩件数も増えましたし、山田先生や婦人科チームの奮闘のおかげで難易度の高い手術も増えました。また、数多くの臨床試験の登録により、多くの患者さんに福音をもたらすような治療も増やすことができましたし、上田先生はじめとするJMISTのメンバーの努力で付属4病院だけでなく関連病院の腹腔鏡手術数も増加しました。来年からは生殖の体制も新しくなりますし、今までの臨床のみならず基礎研究にも力を入れることができると思います。さらには女性医学も右肩上がりに発展していく兆しもあります。医局運営に関しては柳田医局長も本当に頑張ってくれました。ありがとうございます。今年も皆さんお疲れさまでした。
 さて、皆さんは土曜日の女子フィギア全日本選手権は観ましたでしょうか?歴史に残るハイレベルで熾烈な戦いでした。最終滑走5人の演技前の6分練習は皆、緊張感でビシビシのはち切れそうな雰囲気でした。
紀平選手のショートプログラムは靴の調整失敗の影響が出て5位スタートでしたが、フリーでは2つのトリプルアクセルを決め、優勝は逃したものの2位となりました。彼女にはトリプルアクセルという大技と起点の効いた修正力、身体能力の高さに加え、明るく、マイペース、そして心の切り替えが速くできる順応力がありました。ジュニアからまだ上がってきたばかりですが、新しい時代を切り拓く逸材と感じました。
宮原選手は女王の貫禄があり、最後の方までパーフェクトでしたが、最後にちょっとした乱れがあり大きなマイナス点となってしまいました。女王が陥落した瞬間のショックを隠せない表情がかわいそうでした。これで紀平優勝、宮原が2位で決まったなと思っていたら、最終滑走の坂本花織が最終滑走というプレッシャーにも負けず綺麗な演技をして優勝しました。一昔のフィギュア女子特有の大腿がしっかりした体型ですが、高くてダイナミックなジャンプは素晴らしく、最後の3連続が決まり、レイバックスピンも見事でした。少々天然キャラのようですが、ショート、フリーと失敗のない安定した高い技術と表現力が優勝に導いたのでしょう。4位になった三原選手も完璧な演技でした。ちょっとだけの差で表彰台には届かなかったですが、将来が楽しみです。皆、実力を兼ね備え、個性があり、独特のアピール力がありました。
 再来年、慈恵は完全リニューアルします。総合周産期センターもオープンします。それに向けて来年はぜひ皆で進化する年にしましょう。フィギア選手を参考に実力、個性、そしてアピールしていくことが大事だと思います。これは3点セットですべてが揃わないといけません。ぜひ、皆で切磋琢磨し、調和を大切にしながら頑張っていきましょう!年末、年始、当直もあり、大変だと思いますが、ぜひ時間を見つけてゆっくり休んでください。さあ、今週もよろしくお願いします。
 

2018-12-28 18:51:04

折りたたむ

2018.12.17. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週、学生さんに保健医学の講義をしました。先月末は鈴木直教授のご親切なお取り計らいで聖マリアンナ医科大学において講義をさせていただきました。聖マリアンナでは100名を超える学生で活気に溢れ、聖マリアンナの産婦人科講座の先生方も3名ついてくださり、慈恵での講義とはまったく違うとても熱心な雰囲気に正直びっくりしましたが、臨床試験について気合を入れて講義をさせていただきました。聖マリアンナ医科大学の鈴木教授はじめ講座の先生方のホスピタリティーに感謝感謝でした。先週の慈恵での講義は聖マリアンナと比べ参加人数は30名と数の上では少なかったですが、出席している学生さんはとても熱心で、途中で重要なことをクイズにして挙手で答えてもらったりして、質問も来てそれなりに盛り上がりました。もちろん、学生さんや若きドクターに対する日本産婦人科学会の取り組みや当講座でのモットーや取り組みなどもしっかりと紹介し、一人でも産婦人科に興味をもってくれるようアピールしました。来年も多くの新しいレジデントの先生方が入局してくれますが、これは皆さんがとても雰囲気良く向上心を持って働いているからだと思います。忙しい毎日の中でいつも頑張ってくれている皆さんに心から感謝します。私も皆さんが働きやすい環境を作るよう努力してまいりますので、どうぞ来年もよろしくお願いします。それでは今週も向上心を持って、明るくいい雰囲気で頑張りましょう。

2018-12-27 10:54:00

折りたたむ

2018.12.3. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週の水曜日は四水会を主催しました。「働き方改革と女性のキャリアアップ」をテーマに大変活発な議論が展開されていました。柳田医局長が当講座の統計を細かく解析して今後の課題を提示してくれました。また、他大学の報告もとても興味深く、多くの工夫された取り組みがあり大変勉強になりました。
今回このテーマにした理由ですが、今年6月に成立した働き方改革関連法案が要因となっています。この法律により、病院は労働基準法を遵守しなければならなくなりました。つまり、時間外の労働時間の上限が設定されるようになったわけです。医師というある種特殊な職業においてその課題をクリアするためには病院産婦人科の集約化、交代勤務制の導入、産後の復職支援が重要になります。交代勤務制に関してはなるべく早期に導入したいと思っていますし、産後の復職も大変な重要事項として取り組んでいきたいと思っています。特に慈恵医大産婦人科講座に入局してくれた女性医師は大変優秀でやる気に満ちておりますので、産後もそれぞれに合った時間配分で復職していただきたいと思います。短時間勤務は通常の勤務と比べ給料が安いデメリットがありますが、次の条件を満たせば週1日のバイトが可能とされています。つまり、付属4病院で月に1日以上、宿直または日直を行っている場合、または新橋検診センターまたは晴海トリトンで半日以上勤務している場合です。この病院も短時間勤務医師の待遇を上げるために少しずつ緩和していると思います。本講座にはやる気にあふれ、チームワーク力もある優秀な女性医師ばかりだと感じておりますので、ぜひ産後の復職は積極的にしていただき、一緒に世界の女性を幸せにしていただきたいと思います。
それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-12-03 11:03:55

折りたたむ

2018.11.26. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて本日は、今年お亡くなりになった樹木希林さんのお言葉でとても元気が出る言葉を紹介したいと思います。
それは「驕らず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」という言葉です。
驕ると周りの人はだんだん離れていきます。
人と比べると必要ないのに自分がへこんでしまうことがあります。
人生は楽しく、おもしろく生きていきましょう。
どんなに大変な事があってもへっちゃらに生きましょう。
そして、私たちは目の前の患者さんを幸せにしましょう。
それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-11-26 17:24:00

折りたたむ

2018.11.19. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 週末は日本臨床細胞学会に出席しました。細胞診もMolecular diagnosisも取り入れながら進化していく印象を受けました。近い将来はまずHPV検査を行って、陽性者のみ細胞診を施行し、それから生検といった流れになるかもしれません。HPV検査の精度が上がり、自己採取でもOKとなれば、現在施行されている子宮がん検診(細胞診)の対象者もだんだん減少していく可能性があります。そうなると引く手あまたの子宮がん検診のための非常勤募集も減少していくのでは、と少々心配になるところです。
このような話を入局同期の小田先生や青木先生、中野先生らとしていて、これからは子宮がん検診を進化させ不妊症や女性のQOLを向上させるためにも、子宮筋腫や子宮内膜症性卵巣嚢胞などを診断できるエコー検査を取り入れた女性QOL検診にしていくことが重要でないかという話になりました。
先生たちと話をしていく中で、同級生というのは研修医時代に戻ってざっくばらんに話すことができるとてもありがたい存在であることを改めて感じました。皆さんも周りの方々とはもちろんのこと、同級生との付き合いは特に重要ですのでぜひ大切にしてくださいね。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

2018-11-19 11:33:17

折りたたむ

2018.11.12. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、ご家族のため、産婦人科学の発展のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 今日は手短に報告だけしますね。
 先日、成育医療研究センターに出向中の和田先生が准教授に昇格しました。また、国立がん研究センター東病院に出向中の田部先生の准教授昇格、成育医療研究センターへ留学中の永田先生の講師昇格が教授会で承認されました。私はなるべく多くの先生に昇格してもらいたいと思っております。つまり、助教から講師へ、講師から准教授へ、そして准教授から教授へと、一人でも多くの先生に昇格してもらいたいと思います。昇格のためには臨床・教育はもちろんのこと、研究業績が必要です。これは大学というアカデミックな機関における昇格のためのルールですので、皆さん、毎日臨床・教育で大変だと思いますが、研究も頑張ってもらい、論文を書きましょう。それでは今週もよろしくお願いします。

2018-11-12 11:38:00

折りたたむ

2018.10.29. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、ご家族のため、産婦人科学の発展のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 
 IGCSとIFPAが皆さんの多大な協力のおかげで成功裡に終了したあと、息つく暇なく、日産婦渉外委員長として、韓国産科婦人科学会学術集会およびリオデジャネイロで開催された国際産科婦人科学会(FIGO)学術集会に参加してまいりました。
FIGOの開会式では日本から来たことをアピールするためにIGCSでは使わなかった浴衣を着て、でんでん太鼓も持って臨みましたが、各国の紹介スライドはたった一枚のみでしたので、肩すかしで終わった感じでした。
しかし、前神戸大学教授の丸尾猛先生がDistinguished Merit Award(優秀功労賞)を受賞され、開会式終了とともに日産婦若手委員の先生方と丸尾先生ご夫妻を囲んで一緒に記念写真を撮り、ステージの前で日本の存在をアピールできました。
 さて、日本のアピールと言いましたが、世界に日本のプレゼンスを示すことは大変重要だと思っております。昨日からインドの首相が来日し、安倍首相が別荘に招いて二カ国間の友好をアピールされております。先週は中国への訪問もされておられました。安倍首相はこの約6年間で計146カ国を訪問し、日本と諸外国との友好関係を内外に示されているわけです。
産婦人科の世界においての日本の存在感について例を挙げれば、日本の周産期死亡率は1000出産あたり2.6で世界でも最も低いですし、日本の産婦人科は、学問、医療のいずれにおいても、間違いなく世界のトップレベルにあるにもかかわらず、残念ながら、世界でそれが必ずしも認知されているわけではありません。
本学藤井理事長のお言葉をお借りすれば、私たちはこれまで、英文論文はもちろん、国際学会での発表も多数してきました。しかし振り返ってみると、国際学会に参加するかどうかの基準は、そのことにより自分が学問的に得るものがあるかどうか、自分にとってプラスとなるかどうか、ということであったように思います。ですから、欧米の学会に出席はしても、アジアなどの開発途上国の学会には参加してきませんでした。これからは、こうした国々を支援するという立場に立ち、特に次代を背負う若い先生方が積極的に教育講演に行くことによって、日本の高い学問、医療レベルを認知してもらえるようにしたいと考えています。矢内原先生、黒田高史先生、小田嶋先生が行ったカンボジアでの教育はとても素晴らしことです。
当講座には多くの国々から留学生が来ております。若い先生方はその様な外国の方と積極的に交流し、英会話能力を身につけ、日々臨床・研究・教育に励み、多くの学会に参加し、自分のアピールして、多くのチャンスを得て、将来的に日本のプレゼンスを示し、世界の産婦人科をリードしていってほしいと思います。本講座はそのようなチャンスを得るにはとても良い環境だと思いますので、リセプターを最大限に発現させ、ぜひチャンスを活かしてもらいたいと思います。それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-10-29 17:54:34

折りたたむ

2018.9.25. 朝カンファレンス

皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 
 慈恵医大産婦人科学講座が主催するIGCSと共同開催の日本婦人科腫瘍学会学術講演集会と、国際胎盤学会(IFPA)が無事成功裡に終わりました。多くのミーティングを重ねて念入りに準備をし、学会当日もJikeiスピリットで細かなところまで行き届いたホスピタリティを忘れず頑張ってくださっていた医局員の先生方に心から感謝申し上げます。とりわけその中でもIGCS事務局長の矢内原先生とIFPAの事務局長の佐村先生は学会運営に多大な貢献をしてくださいました。本当にありがとうございました。
 IGCSの参加者は3000名を超え、IFPAも500名超えとなるなど両方とも今までの最高参加者数を超える新記録となりました。両学会のプログラムもとても充実しており、どのセッションも活発に討論が行われ、そしてソーシャルイベントも全て好評でした。皆が個々の役割を確認しながらしっかりとその役目を果たし、協力しあいながらバランスよく、そしてパワフルに動いてくれました。私が最も嬉しかったのは、多くの先生方に「JIKEI UNIVERSITYは団結力が大変素晴らしく、個々はとても優しいホスピタリティで接してくれて、ソーシャルイベントの時は印象に残る素晴らしい盛り上げをしてくれた」と言われたことです。私が6年前の教授就任の際、「個性を重視し、自由さと厳格さの両立、そして調和を大切にする」という方針を本講座のモットーとして掲げましたが、今回の学会でそのモットー通り、しっかり示してくれました。IFPAの理事長からは、何一つ問題が起こることのない素晴らしい学会でしたと言われ、私の閉会の挨拶後は聴衆の方々にスタンディングオベーションをしてもらえたのはとても感動的でした。また、本学会を通じて新たな留学先ができたり、慈恵に留学に来たいという外国人もいたりしました。この大きな2つのイベントを通し、感じることがたくさんあったと思います。ぜひこれからもチャンスをたくさん与えられるようにしますので、皆さんもぜひ人生をレベルアップするよう精進していただきたいと思います。それでは今週もよろしくお願いいたします!
 

2018-09-25 17:51:13

折りたたむ

2018.9.10. 朝カンファレンス

皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 台風21号、そして北海道地震により被災された皆様に心からお見舞申し上げます。
 私も人工股関節置換術を受け、2週間が経過し、とても順調に快復しております。いろいろとご心配をおかけしましたが、もう大丈夫です。
 今週からいよいよ慈恵医大産婦人科講座が主催する日本婦人科腫瘍学会学術講演集会(IGCSと共同開催)が京都で開催されます。そして来週も当講座が主催する国際胎盤学会(IFPA)が慈恵で開催されます。ここまで多くのミーティングを重ねて念入りに準備していただいた先生方に心から感謝申し上げます。事務局長の矢内原先生とIFPAの事務局長の佐村先生には多大な貢献をしてくださいました。本当にありがとうございます。日本国内から、また外国から大変多くの方々に参加していただく予定となっております。ぜひスタッフの先生方には、慈恵らしいホスピタリティで全員をおもてなししていただきたいと思います。また、今回2つの国際学会はとても大きなイベントであると同時に皆さんのチャンスの場であると思います。ぜひ、完璧なおもてなしとともに貴重なプログラムを積極的に聞いて、交流を深めていただき自分の人生をレベルアップするよう精進していただきたいです。そしてそれと同時に心から楽しんでください!それでは今週もよろしくお願いいたします!
 
 

2018-09-10 17:09:21

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5