レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  産婦人科を志すみなさんへ

産婦人科を志すみなさんへ

 慈恵医大産婦人科学講座で活躍する若手医師からのメッセージをご紹介いたします。
産婦人科を志すみなさん、ぜひご覧ください。
pagetop

後期研修医代表

加藤さや子

加藤さや子

みなさんはじめまして、後期レジデント3年目の加藤さや子です。他大学出身、研修は附属第三病院、入局後は本院・葛飾・市中病院を経て現在は附属柏病院で勤務しています。私が産婦人科を志したのは、患者さんにおめでとうございますと言えるお産があることが大きいと感じています。もちろん産婦人科は悪性疾患や不妊治療や女性ヘルスなど幅広く、そして笑顔ばかりのお産だけではないのですが、産婦人科であることはお産とともに歩んでいくのではないかなと思います。
産科を目指して入局、その後数年を経て婦人科へ進んだ先輩方や、逆に婦人科志望から産科を極めている先輩方などさまざまです。進みたい道をフレキシブルに選択することができること、他大学出身であることを忘れてしまうくらいの仲の良さ、愛光教授をはじめ頼りになるお兄さんお姉さんや自分が先輩になったことを思い出させてくれる後輩たちがたくさんいること、慈恵医大産婦人科の魅力はそこにあるのではと今とても感じています。
 
きっとみなさん不安に思うことがいっぱいだと思います。中でも当直に関して、感じ方はそれぞれだと思いますが、意外となんとかなる!というのが私の率直な感想です。ほかにもたくさんの疑問や不安を持っているみなさん、いろんな施設を見てみたいみなさん、ぜひ一度見学に来てください。お兄さんお姉さんとお話しして慈恵医大産婦人科の雰囲気を味わってみてください。お待ちしています。

 

pagetop

留学

平成16年卒 竹中将貴

 産婦人科医師として患者さんの診断、治療に全力を注ぐことはもちろんですが、病気の特性をより深く理解し、それを臨床に役立てたいと考えたことが、私が癌基礎研究に進んだきっかけでした。
 2011年4月から2013年6月までの2年3ヶ月間、国立がん研究センター研究所リサーチレジデントとして国内留学の機会を頂きました。卵巣癌、肺癌を対象としたゲノム解析研究を通して、癌基礎研究に必要な技術・知識・論理的思考能力を身に付けるとともに、基礎研究で得られた新しい知見がどのようなプロセスを経て臨床研究、臨床応用へと進んでいくかを知ることができ、大きな収穫であったと感じています。
 今後も基礎研究から臨床応用まで、幅広い知識を持つ産婦人科医師となるべく、常に目標を高く持ち、いろいろなことに挑戦していこうと考えています。そのような環境は各大学や医局により大きく異なりますが、幸い慈恵医大産婦人科学講座は入局後にいろいろな道が開かれています。今後入局される若い先生方とともに、今以上に素晴らしい医局を目指していけたら幸いです。

pagetop

大学院

平成23年卒 長谷川瑛洋

長谷川瑛洋

私は国立成育医療研究センター再生医療センター細胞医療研究部でiPS・ES細胞をはじめとした幹細胞を用いた研究を行っています。
私が研究を志したきっかけは日々の産婦人科診療の中にありました。産婦人科の中でも特に周産期分野に強く惹かれ、産婦人科医となった私は、日々の臨床を全力で行っておりました。しかしその中で、どうしても現代医療では救えない患者さんとの出会いがあり、非常に苦しく、そして歯がゆい思いをしました。「何か自分ができることはないのか」と模索した際に、“新規開発”できる可能性を見つけたのです。幹細胞を使用した新規胎児治療法の開発によりこれまで救えなかった胎児やその両親に対して、治療という“一つの選択肢”を提示できる未来が実現できるのではないか、と私は考えています。
研究生活の環境は、各施設や医局により大きく異なっているのが現状です。正直なところ、大学院在学期間中目一杯研究に打ち込むことができる環境ばかりではありません。
しかし、慈恵医大産婦人科ではそれが可能となっています。なぜなら慈恵には、他の医局と比べ、非常に多くのマンパワー、国内外への留学経験を持った多数のエキスパート、そして何より、医局全体の非常にあたたかい雰囲気があるからです。
是非とも我々と充実した臨床・研究生活を送り、そして世界の女性を幸せにするために共に邁進していきましょう!

pagetop

産後復帰

平成20年卒 松野香苗

松野香苗

私は入局4年目に出産し、現在育休を頂いています。妊娠初期はそれなりにつわりなどに苦しみましたが、周囲の仲間に助けられ、また早い段階で当直や手術を調整する配慮をいただき、のんびりとお腹の子の成長を楽しみながら仕事をすることができました。しかし、産婦人科は言うまでもなく女性と向き合う診療科であり、病気のせいで望んだ妊娠が叶わない患者様が少なくありません。そうした方々とお腹が大きくなってくる自分が外来や病棟で顔を合わせることに後ろめたさを感じたこともありました。出産を経験すると、出産の不安や感動、女性の健康、家族の意味などを考える機会がより増え、産婦人科医として大変貴重で尊い経験ができたことに感謝しています。
慈恵医大産婦人科は、教室員が多いだけでなく、人間として懐の深い人が多いです。また、育児をしながら立派に復職されて輝いている先輩も多いです。女医さんは自分のキャリアと妊娠・出産のバランスに不安を抱くと思いますが、患者さんの力になりながら女性として成長できるのも産婦人科女医の特権と言えます。
約1年間の育休後、私は復職予定です。医者となる道を選び、産婦人科医として邁進してきた熱い気持ちを忘れずに、育児との両立に励むつもりです。女医さんのロールモデルになれるよう努力していきますので、仕事も育児も頑張りたい!という方と一緒に働けたらなと思います。

 

平成21年卒 松岡知奈

松岡知奈

私は入局2年目に第一子を、入局5年目の昨年第二子を出産し、二児の母となりました。
第一子の産後も今回も、時間的制約はありますが、復職させていただき、毎日充実した日々を送っています。二児の母となり(しかも男子2人!)仕事と育児の両立に一番必要なのは体力であるとますます実感していますが、家族や職場の皆さんに助けてもらいながら、何とか日々を過ごしています。
慈恵医大の産婦人科は医局員が多いためサポート力も大きく、安心して仕事が続けられる環境に感謝しています。妊娠中、産後の働き方にも理解があり、あたたかい対応をしていただきました。
医局員に女医さんも多く、女医さんにとっても働きやすい医局だと思います。是非一度見学に来て、慈恵医大の医局の雰囲気を感じていただきたいです!

 

pagetop