レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019.1.7. 朝カンファレンス

 皆さん新年おめでとうございます。年末・年始にかかわらず毎日一生懸命に世界の女性を幸せにするために働いていただきありがとうございます。
 さて、毎年新年の挨拶で述べておりますが、大学病院ではやらないといけないことがいくつかあります。
まず、臨床では最先端の医療を慈恵らしいホスピタリティで患者さんに提供してください。われわれは患者さんから学ぶのです。一生懸命に自分で勉強して、そして皆とよく話し合い、カンファレンスで方針を決めて患者さんを幸せにしましょう。
次は教育です。臨床が忙しくとも、われわれが一生懸命に努力したことを後輩に受け継いでもらうことは世界の産婦人科の発展のためにとても重要です。でも実は教育に関しては心配しておりません。この4月から14名の新しい仲間が誕生します。当大学から11名が私たちの講座に入局してくれます。つまり学年の10%近くが産婦人科講座に入局してくれるということです。これはすごいことです。医局の皆さんの雰囲気がとてもよく、皆が生きがいをもって働いてくれているので、そのパッションが自ずと学生への質の高い教育として表れ、学生の印象にも残っているのだと思います。このいい雰囲気で今年もお願いします。
そして3番目は研究です。大学で働くかぎり研究はマストです。研究は基礎研究でも臨床研究でもいいですが、できれば若いうちは基礎研究をやっていただきたい。なぜなら基礎研究から臨床研究という方向はありえますが、年齢を重ねると臨床研究から基礎研究という方向は並の医師ではできません。常にリサーチマインドを持ってリサーチクエスチョンを探し、今診ている患者さんだけでなく、今は治せないですが、将来治せるように、患者さんのために研究をしましょう。研究により幅広くかつとてもいい人間関係が構築できますし、自分自身の考察力が鋭くかつ深くなります。そして自分のアイデンティティが形成されます。
最後4番目は学会活動です。現在、矢内原先生が日本産婦人科学会の幹事を務め、私は常務理事を務めております。学会に所属することで最新の情報を入手することができますし、時代の流れをつかむこともできます。昨年は、皆さんのご支援のおかげで国際胎盤学会(IFPA)と日本婦人科腫瘍学会・国際婦人科がん学会(IGCS)を主催し成功裏に収めることができました。今年も1月27日に第7回日本HBOCコンソーシアム学術総会、そして12月には第5回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会を主催します。臨床も研究も教育もさらなる上を目指し、医局員一丸となって頑張りましょう。
それでは今年も宜しくお願いします。

2019-01-07 13:39:00

折りたたむ

第139回集談会で倉敷成人病センター太田啓明先生にご講演いただきました。2018.12.21

倉敷成人病センター太田啓明先生をお招きして「ベーシック婦人科腹腔鏡手術~良性から悪性、ロボット手術まで」と題して講演いただきました。
日本の腹腔鏡手術を牽引していると言っても過言ではない倉敷成人病センターの腹腔鏡手術の実際を良性疾患から悪性手術、さらにロボット手術まで余すところなく、そしてわかりやすく講演していただきました。今後の慈恵医大における腹腔鏡手術発展に向けてとても参考になるご講演であり、若手医師の参加も多く、とても刺激になるものでした。
今後も腹腔鏡手術の技術向上に努めて参ります。太田先生、貴重なご講演を本当にありがとうございました。

2019-01-07 09:29:00

折りたたむ

2018.12.25. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
今日が今年最後のVoiceになります。今年は大きな国際学会を2つ開催することができました。佐村先生、矢内原先生をはじめとする皆様のご協力に心から感謝申し上げます。産科チームの頑張りで分娩件数も増えましたし、山田先生や婦人科チームの奮闘のおかげで難易度の高い手術も増えました。また、数多くの臨床試験の登録により、多くの患者さんに福音をもたらすような治療も増やすことができましたし、上田先生はじめとするJMISTのメンバーの努力で付属4病院だけでなく関連病院の腹腔鏡手術数も増加しました。来年からは生殖の体制も新しくなりますし、今までの臨床のみならず基礎研究にも力を入れることができると思います。さらには女性医学も右肩上がりに発展していく兆しもあります。医局運営に関しては柳田医局長も本当に頑張ってくれました。ありがとうございます。今年も皆さんお疲れさまでした。
 さて、皆さんは土曜日の女子フィギア全日本選手権は観ましたでしょうか?歴史に残るハイレベルで熾烈な戦いでした。最終滑走5人の演技前の6分練習は皆、緊張感でビシビシのはち切れそうな雰囲気でした。
紀平選手のショートプログラムは靴の調整失敗の影響が出て5位スタートでしたが、フリーでは2つのトリプルアクセルを決め、優勝は逃したものの2位となりました。彼女にはトリプルアクセルという大技と起点の効いた修正力、身体能力の高さに加え、明るく、マイペース、そして心の切り替えが速くできる順応力がありました。ジュニアからまだ上がってきたばかりですが、新しい時代を切り拓く逸材と感じました。
宮原選手は女王の貫禄があり、最後の方までパーフェクトでしたが、最後にちょっとした乱れがあり大きなマイナス点となってしまいました。女王が陥落した瞬間のショックを隠せない表情がかわいそうでした。これで紀平優勝、宮原が2位で決まったなと思っていたら、最終滑走の坂本花織が最終滑走というプレッシャーにも負けず綺麗な演技をして優勝しました。一昔のフィギュア女子特有の大腿がしっかりした体型ですが、高くてダイナミックなジャンプは素晴らしく、最後の3連続が決まり、レイバックスピンも見事でした。少々天然キャラのようですが、ショート、フリーと失敗のない安定した高い技術と表現力が優勝に導いたのでしょう。4位になった三原選手も完璧な演技でした。ちょっとだけの差で表彰台には届かなかったですが、将来が楽しみです。皆、実力を兼ね備え、個性があり、独特のアピール力がありました。
 再来年、慈恵は完全リニューアルします。総合周産期センターもオープンします。それに向けて来年はぜひ皆で進化する年にしましょう。フィギア選手を参考に実力、個性、そしてアピールしていくことが大事だと思います。これは3点セットですべてが揃わないといけません。ぜひ、皆で切磋琢磨し、調和を大切にしながら頑張っていきましょう!年末、年始、当直もあり、大変だと思いますが、ぜひ時間を見つけてゆっくり休んでください。さあ、今週もよろしくお願いします。
 

2018-12-28 18:51:04

折りたたむ

2018.12.17. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週、学生さんに保健医学の講義をしました。先月末は鈴木直教授のご親切なお取り計らいで聖マリアンナ医科大学において講義をさせていただきました。聖マリアンナでは100名を超える学生で活気に溢れ、聖マリアンナの産婦人科講座の先生方も3名ついてくださり、慈恵での講義とはまったく違うとても熱心な雰囲気に正直びっくりしましたが、臨床試験について気合を入れて講義をさせていただきました。聖マリアンナ医科大学の鈴木教授はじめ講座の先生方のホスピタリティーに感謝感謝でした。先週の慈恵での講義は聖マリアンナと比べ参加人数は30名と数の上では少なかったですが、出席している学生さんはとても熱心で、途中で重要なことをクイズにして挙手で答えてもらったりして、質問も来てそれなりに盛り上がりました。もちろん、学生さんや若きドクターに対する日本産婦人科学会の取り組みや当講座でのモットーや取り組みなどもしっかりと紹介し、一人でも産婦人科に興味をもってくれるようアピールしました。来年も多くの新しいレジデントの先生方が入局してくれますが、これは皆さんがとても雰囲気良く向上心を持って働いているからだと思います。忙しい毎日の中でいつも頑張ってくれている皆さんに心から感謝します。私も皆さんが働きやすい環境を作るよう努力してまいりますので、どうぞ来年もよろしくお願いします。それでは今週も向上心を持って、明るくいい雰囲気で頑張りましょう。

2018-12-27 10:54:00

折りたたむ

第4回産科婦人科遺伝診療学会学術講演会へ参加しました。2018.12.14-15

2018年12月14日、15日に第4回産科婦人科遺伝診療学会学術講演会がスクエア荏原にて開催されました。今年は昭和大学関沢 昭彦教授が会長をつとめられ、「産婦人科診療における遺伝リテラシーの向上のために」というテーマのもと多くの充実したプログラムが組まれておりました。当講座からは大久保春菜先生が「詳細な遺伝学的検討からカテコラミン誘発性多型心室頻拍の診断に至った一例」を発表されました。致死性不整脈の可能性のある症例に対して遺伝学的検査が管理上重要であることをわかりやすく発表してくださいました。
来年は2019年12月20日から12月21日に当講座の岡本愛光教授が会長をつとめられます。来年も盛会となるよう今から準備を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018-12-26 12:30:00

折りたたむ

葛飾医療センターで第138回集談会が開催されました。2018.12.06

2018年12月6日東京慈恵会医科大学葛飾医療センターで第138回産婦人科集談会・城東産婦人科学術研修会が開催されました。本学の医局員だけでなく慈恵以外からの参加者も多く集まり、大変盛況となりました。今回、東京女子医科大学東医療センターの山賀享佑先生に薬剤師の観点からの分子標的薬の副作用管理に関して講演いただきました。また特別講演では、国立がん研究センター東病院の小児腫瘍科・乳腺腫瘍内科の細野亜古先生にAYA世代のがんについてご講演いただきました。どちらもとても興味深い内容であり、大変有意義な講演でありました。講演会のあとの懇親会にも多くの先生方にご参加いただき、さまざまな交流を持つことができました。
葛飾医療センターでの集談会は年に1回であり、来年も今回のように有意義な会を目指していきたいと思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2018-12-20 15:05:00

折りたたむ

第10回 JMIST Wet-Labトレーニングを開催しました。2018.11.24

2018年11月24日にWet-Labトレーニングを開催しました。
腹腔鏡下悪性腫瘍手術やトラブルシューティングについて視野に入れた内容となっており、新しいデバイスに触れながら丸一日かけて、実際の手術さながらの有意義なトレーニングを行うことが出来ました。
今後も質の高い医療を提供出来るよう研鑽を積んで参ります。

2018-12-06 08:34:00

折りたたむ

2018.12.3. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週の水曜日は四水会を主催しました。「働き方改革と女性のキャリアアップ」をテーマに大変活発な議論が展開されていました。柳田医局長が当講座の統計を細かく解析して今後の課題を提示してくれました。また、他大学の報告もとても興味深く、多くの工夫された取り組みがあり大変勉強になりました。
今回このテーマにした理由ですが、今年6月に成立した働き方改革関連法案が要因となっています。この法律により、病院は労働基準法を遵守しなければならなくなりました。つまり、時間外の労働時間の上限が設定されるようになったわけです。医師というある種特殊な職業においてその課題をクリアするためには病院産婦人科の集約化、交代勤務制の導入、産後の復職支援が重要になります。交代勤務制に関してはなるべく早期に導入したいと思っていますし、産後の復職も大変な重要事項として取り組んでいきたいと思っています。特に慈恵医大産婦人科講座に入局してくれた女性医師は大変優秀でやる気に満ちておりますので、産後もそれぞれに合った時間配分で復職していただきたいと思います。短時間勤務は通常の勤務と比べ給料が安いデメリットがありますが、次の条件を満たせば週1日のバイトが可能とされています。つまり、付属4病院で月に1日以上、宿直または日直を行っている場合、または新橋検診センターまたは晴海トリトンで半日以上勤務している場合です。この病院も短時間勤務医師の待遇を上げるために少しずつ緩和していると思います。本講座にはやる気にあふれ、チームワーク力もある優秀な女性医師ばかりだと感じておりますので、ぜひ産後の復職は積極的にしていただき、一緒に世界の女性を幸せにしていただきたいと思います。
それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-12-03 11:03:55

折りたたむ

第33回日本女性医学学会学術集会に参加しました。2018.11.3-4

2018年11月3日~4日に岐阜県岐阜市で開催された第33回日本女性医学学会学術集会に参加しました。

更年期医学だけでなく思春期学、子宮内膜症、骨粗鬆症、感染症学などを含めて幅広い領域分野からの発表、講演があり興味深い内容でした。
当講座からは松野香苗先生より1演題「閉経前女性に対する婦人科悪性腫瘍術後の骨代謝への影響に関する検討」のポスター発表がありました。
今回の学会に参加し、第4のsubspecialtyとしてこれから発展していく女性医学領域に益々興味を持ちました。また、学会で得たトピックスや知識を日々の診療に生かしたいと思います。

2018-11-30 08:10:00

折りたたむ

2018.11.26. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 さて本日は、今年お亡くなりになった樹木希林さんのお言葉でとても元気が出る言葉を紹介したいと思います。
それは「驕らず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」という言葉です。
驕ると周りの人はだんだん離れていきます。
人と比べると必要ないのに自分がへこんでしまうことがあります。
人生は楽しく、おもしろく生きていきましょう。
どんなに大変な事があってもへっちゃらに生きましょう。
そして、私たちは目の前の患者さんを幸せにしましょう。
それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-11-26 17:24:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5