レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2018.7.9. 朝カンファレンス

皆さん、いつも世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 いよいよワールドカップも準決勝のカードが決まりました。来週のこの時間にはもう優勝が決まっているはずです。来週の月曜日は海の日ですから、日曜日の夜は遅くまで起きていても大丈夫ですね。
 さて日本代表が帰国しましたが、前評判に比べ本当によく頑張ったと思います。外国でプレーした経験のあるメンバーが多く、お互いの個性を尊重しながら得意なプレースタイルを引き出し合うという調和を大切にした支えあいのシステムが良かったのかなと思います。また、日本人サポーターが試合後に競技場のごみを拾い、ベルギー戦後は負けた日本代表もロッカーを綺麗にして「Спасибо(スパシーバ)!(ありがとう)」というメモを残したことがニュースでも取り上げられていましたね。その行動に海外からは称賛の声が寄せられ、日本人は勤勉で協調性があり、心配りや礼儀正しさがあると高い評価を受けました。なぜ日本人はそうなのか、昨日のTBSのサンデーモーニングの「風を読む」では、日本は昔から地震などの天災が多く発生し、自然の前では太刀打ちできないことを知っていたため、自然とうまく共存していけるよう皆と協調していく術を身に着けたのではないかという説を取り上げていました。また、島国であり鎖国も長かったので日本国内で調和をとっていく文化が芽生えたのでしょう。今回のワールドカップで得た海外からの評価は日本の普段の暮らしぶりが評価されたということではとても誇りに思いますが、逆の見方をすれば日本はstrange countryで世界レベルでは埋没しがちな国ともとれるわけです。しかし、今回の日本代表の躍進ぶりは、その高く評価された日本独特の調和と規律を重んじる支え合いのシステムと、それぞれの選手が海外生活で積み重ねた経験を個性として出せたからだと思います。本日述べたことって、本講座の方針と似ていませんか?そうです、調和を大切にしながら個性を伸ばし、世界に発信できる慈恵人を輩出し、世界の女性を幸せにするという当講座の方針です。皆さんも今まで大切に守られてきたこと、新しく身に着けたことをうまく取り入れながら進んでいきましょう。
それでは今週もよろしくお願いいたします。
 

2018-07-09 09:45:00

折りたたむ

2018.7.2. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週は四水会が開催され、当医局の小林先生は立派な発表をされていました。そして、多くのレジ1の先生方も参加してくれました。皆さんお疲れ様でした。
 連日のワールドカップでは熱戦が続き、寝不足ぎみの人もいるかと思います。先日の日本対ポーランド戦における試合終盤のパス回しによる時間稼ぎにはいろいろと批判もあると思いますが、私は緻密なリサーチとそのエビデンスに基づいた冷静かつ大胆な戦略として高く評価します。若い方はご存知ないと思いますが、私が中学でサッカーをしていた時代はサッカーが観られる番組はテレビ東京の三菱ダイヤモンドサッカーだけでした。私は毎週その番組で、世界中で行われる試合の様子を食い入るように観ていました。時々、時間稼ぎのパス回しをして観客をしらけさせるような試合もありましたが、「これが勝ち抜くためのクレバーな作戦」と解説の岡野俊一郎さんが説明してくれたことを思い出します。日本のレベルでこの時間稼ぎのパス回しをやることはないだろうなと思ってましたが、西野監督は最高峰のワールドカップで、それも1点差で負けている状況で大胆に判断したわけです。日本の試合の裏ではセネガルとコロンビアの試合がNHKで放映しており、私も時々そちらも観ておりましたが、確かに最後はセネガルが点を取れる雰囲気ではありませんでした。西野監督はその試合にも偵察を送り込んで、リアルタイムな情報も得ながら、エビデンスに基づき次のリーグに進む確実性の高い方を選択したのではないかと思います。なんてサイエンティフィックでかつ大胆な戦略でしょう。日本のサッカーの進化を感じました。さて、本日の夜中はベルギー戦です。西野監督のサイエンスと選手らのプレイがサプライズな結果をもたらすか、皆で注目しましょう。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

2018-07-02 13:58:52

折りたたむ

第131回集談会で本学総合医科学研究センター 基盤研究施設(分子遺伝学)教授 玉利 真由美 先生にご講演いただきました

東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター基盤研究施設(分子遺伝学)教授玉利 真由美 先生をお招きして「アレルギーの遺伝要因」と題して講演いただきました。
アレルギーの歴史やそれに関わる遺伝学的な発展について最新の知見を交えてわかりやすく解説していただき、大変興味深いものでした。
また母体や母乳がこの分野の研究トピックとなっており産婦人科医のこの分野での必要性が指摘されているということで、今後アレルギー分野もますます頑張っていこうと刺激になる会となりました。
玉利先生、ご講演ありがとうございました。


2018-06-21 10:13:00

折りたたむ

慈恵医大産婦人科同窓会研修会が開催されました。

平成30年6月9日(土)に慈恵医大産婦人科同窓会研修会が開催されました。同窓の先生方から附属4病院にご紹介頂いた症例を中心に、活発な症例検討が行われました。同窓の先生方から豊富な臨床経験に基づく貴重なご意見を頂き、大変有意義な研修会となりました。また、いよいよ3ヶ月後に開催が迫ったIGCS/JSGOとIFPAについても同窓の先生方にアナウンスさせていただきました。
研修会後の懇親会にも多くの同窓の先生方にご参加いただき、交流を深めることが出来ました。
次回の同窓会研修会でも、多くの先生方のご参加をお待ち申し上げます。

2018-06-21 10:12:06

折りたたむ

2018.6.18. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 この週末は関東連合産科婦人科学会が開催されました。発表者の先生方、そして指導された先生方はお疲れ様でした。学会プログラムの内容はさすがの慶応という充実ぶりで、みなさんとても勉強になったのではないでしょうか。学会後の懇親会では、慶応大学の研修医の先生が素晴らしいマジックを披露してくださり、会場をとても盛り上げてくれました。素晴らしい才能と努力をされる先生がいらっしゃるのだととても感心させられました。青木会長が仰っておられましたが、関東連合産科婦人科学会の一番のイベントは懇親会です。今回の懇親会では四水会のようにそれぞれの大学から若いドクターが多く参加していました。ぜひ次回は当講座からも多くの若いドクターに参加してほしいと思います。
 また、11日の月曜日には学位授与式がありました。梶原先生、鴨下先生、平田先生、学位取得おめでとうございました。授与式での松藤学長からのお言葉にあったように、これはゴールではなくスタートです。現在では治療の難しい患者さんを研究によって将来治せるようにすることが重要です。皆さんは自分自身ももちろんですが、後輩の先生たちの指導をしながら頑張っていってください。
 そして15日金曜日の集談会では、当学の基盤研究施設(分子遺伝学)の玉利教授にご講演をしていただきました。講演では、ゲノム研究やアレルギーの研究について丁寧に話していただき、大変勉強になりました。玉利教授は以前からアレルギー疾患をゲノムの研究によって治すという目標をもって活動されております。私たちもぜひ様々な分野の先生方と共同研究をして、今は治すことの難しい患者さんも近い将来は治せるようにするために、新しい診断法や治療法などを開発できるよう頑張っていきましょう。それでは今週もよろしくお願いいたします。
 

2018-06-18 14:47:00

折りたたむ

妙手会ゴルフコンペ

2018年5月27日に,武蔵丘ゴルフコースで妙手会ゴルフコンペが開催されました。当日は,天候に恵まれ,夏の始まりを感じさせるような5月にしては暑いぐらいの天気でした.
 参加された先生方は,OBの先生方9名,現役医局員が6名(レジデントの先生方が4名)参加し,若い先生方のエネルギーを感じるコンペになりました.今回の結果ですが,ややアゲインストの風があり各先生方スコアメイクが難しい中,優勝はS50年卒の塚原俊明先生でした.さらに,ベストグロスとダブル受賞に,ドラコン2ホール,ニアピン2ホールと賞品をほぼ総取りでした.準優勝は,S54年卒の松本和紀先生で,現役医局員では,5位のH19年卒の關壽之先生が最高順位でした.ニューヨーク仕込みの華麗なスイングで,安定したゴルフだったようです.
 これからも,OBの先生方と現役医局員の、良き交流の場になり,コンペが盛大になりますように皆さんのご参加御待ちしております.若手医局員でゴルフの腕に自信のある先生方,ゴルフ部出身の先生方,参加必須でお願いいたします!
 
幹事 關壽之,小田嶋俊


 

2018-06-12 09:19:47

折りたたむ

2018.6.11. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 昨日は關先生の結婚披露宴が開催されました。とてもいい結婚披露宴でしたね。關先生の2回のスピーチもとても立派でした。
 さて私はこの数日間、GCIG, IGCS, ASCO出席のためにシカゴ、そしてアジアオセアニア産婦人科学会の会議に出席するためにネパールへ行っておりました。留守の間頑張ってくれた先生方に心から感謝いたします。
シカゴでは留学中の楠原淳子先生に会ってきました。お子さんを育てながら大学院へ通うなどとても頑張っていて、そして効率よく大学院生活を送られていました。楠原先生はもう論文もできあがり、卒業も決まっています。
その楠原先生が留学されているNorthwesternの研究所の研究発表会がちょうど開催されておりましたので、下舞先生、松田先生と一緒に参加しました。卵巣癌のセッションもあり、講演されている先生と知り合いになることができ、Oncologyの留学候補先ができたのは予想外の収穫でした。また昼のランチには若手が中心となって一般の方用に生殖の研究に関する宣伝をするYou tube用の動画について考え、子宮や精子の可愛らしい模型などを披露しながら、いかに効果的に宣伝するか、その生殖研究の宣伝によりどのようなリスクが考えられるかなどを真剣に検討しておりました。その際Woodluf先生などはあくまでいくつかの質問を投げかけるのみで内容や進行をすべて若手に任せていたことはとても印象的でした。日本では安倍首相をはじめ多くの人たちが効率よく仕事をするよう話をしておりますが、今回ランチタイムを使った話し合いの様子を見ていて、時間を大変有効に使ってしっかりと仕事への結果を出すシステム作りへのヒントが得られたような気がしました。一時、当医局でも朝に行っているカンファレンスを昼にしてみたことがありましたが、オペや外来のために参加人数が少なくなってしまい、結局朝に戻した、ということがありました。しかし子育てをしながら働いていただいている女性医師を中心に、早期復職のために何が必要で、それにどのようなかたちで産婦人科医局がサポートできるのかなどといった事柄を、参加できる人だけでもいいのでランチをしながら討論してもらうのもいいのではないかと思いました。限られた時間をなるべく有効的に使い、多くの成果を出していくためにも前向きに検討していきたいと思いますので、何か思いついた方はどうぞお気軽にご意見をください。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

2018-06-11 15:28:07

折りたたむ

第2回Plus One Projectが開催されました。

第2回 Plus One Project : 未来の産婦人科医育成セミナーに参加しました。
2018年5月26-27日に開催された、日本産科婦人科学会が主導するPlus OneProjectに山村倫啓先生、廣瀬宗が若手指導医として参加しました。
これは初期研修2年目の先生を対象として、産婦人科学の魅力や産婦人科医療の面白さを伝えるハンズオンセミナーです。
約150名の参加者が、周産期医療のロールプレイ、診察手技、腹腔鏡手術を含めた外科手技、生殖補助医療のシュミレートを通して、産婦人科医療に触れました。
慈恵医大を卒業した先生も4名参加し、充実した時間を過ごしてくれました。
今後も未来の産婦人科医が一人でも多く生まれるべく、参画してまいります。


2018-06-04 15:40:50

コメント(0)

折りたたむ

第130回集談会で群馬大学 産科婦人科 准教授岸裕司先生にご講演いただきました。

群馬大学付属病院 産科婦人科 准教授 岸 裕司先生をお招きして「卵胞発育とゴナドトロピン受容体」と題して講演いただきました。二次卵胞発育の過程でFSH受容体、LH受容体の発現する過程やIGF-1, activinなどの卵胞発育における役割などをわかりやすく解説してくださいました。また基礎実験の最新の知見や今後の展望などについて解説していただき、大変刺激なるものでした。岸先生、ご講演ありがとうございました。
 

2018-05-29 20:50:36

折りたたむ

2018.5.28. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 先週の金曜日は、岸裕司先生に集談会で大変アカデミックなご講演をしていただき、会がとても活性化していて素晴らしかったと思います。また、一昨日の土曜日は東京産科婦人科学会例会がありました。発表された先生方、指導してくれた先生方、よく頑張ってくれました。
 私はその後に土浦まで講演に行って来ました。東京医大茨城医療センターの藤村正樹先生が、私のメンターである堂園晴彦先生と私の講演をジョイントで催してくれたものでした。堂園先生は当講座のOBで鹿児島県において緩和医療も含め「患者さんがほっとする」、「心地のよい医療」を提供していらっしゃる癌治療を専門にされている先生です。私が研修医の時、熱いパッションで指導してくれた先生で、日本で最初に有床診療所でホスピス医療を開始された先生でもあります。また、NPO法人風に立つライオンを設立し、病でなく病を持つ人を診られる医療人を育成するという理念で多くの医学生をはじめとする方々を堂園メディカルハウスで研修指導されたり、インドのマザーテレサの施設で医療機器のない環境で患者さんに寄り添う医療の研修を行われてきた先生です。堂園先生の講演は大変素晴らしいものでしたが、その中でも若き医療者たちへのメッセージがとても印象に残りましたので、紹介させていただきます。

若き医療者たちへのメッセージ -あなたの中の最良のものを-
患者さんは、不都合なことや困難な目にあうと、混乱し理性を失い、わがままになるものです。
あなたが良いことをしてあげても、役に立たなかったと言われるものです。
でも優しさを失うことなく、患者さんに役立つはずの良いことをしてあげましょう。
その良いことで、良い結果になっても、明日には忘れ去られるものです。
それでもめげずに優しさを持ち続けましょう。
寛容・誠実・正直であるせいで、かえって傷つき燃え尽きることもありましょう。
でも治す仕事に留まりましょう。
一生懸命努めても、罵声をあびることだってあります。
でも一生懸命であり続けましょう。
患者さんも、ひたすら助けを求めているのです。
なのに、手助けをする人を責めたり、無視しでしまうのです。
だから手助けを続けましょう。
あなたの中の最良のものを、患者さんに与え続けましょう。
文句を言うのは、手助けを求めている姿です。
そう理解して、最良のものを与え続けると少しの時間が過ぎた時にわかります。
あなたが患者さんのために一生懸命するおこないが、あなたの魂を豊かに大きく育ててくれていることを。
それは天からのご褒美です。

堂園 晴彦


私はこれは素晴らしいメッセージだと思います。ぜひいつも優しさを持って、一生懸命に手助けを続けましょう。そして皆さんの中の最良のものを患者さんい与え続けてください。今週もよろしくお願いします。

2018-05-28 11:17:48

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5