レジデント研修医募集

東京慈恵会医科大学 産婦人科 産科 婦人科 レジデント 研修医

婦人科学講座について診療内容・実績レジデント・研修医募集スタッフ紹介研究・実績
AIKOU’s voice

 

産婦人科を志すみなさんへ

 

 

 

診療情報について
レジデント募集
研修医募集
HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ

HOME»  お知らせ記事一覧

お知らせ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2018.9.11.19. 朝カンファレンス

 皆さん、いつも患者さんのため、家族のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき誠にありがとうございます。
 週末は日本臨床細胞学会に出席しました。細胞診もMolecular diagnosisも取り入れながら進化していく印象を受けました。近い将来はまずHPV検査を行って、陽性者のみ細胞診を施行し、それから生検といった流れになるかもしれません。HPV検査の精度が上がり、自己採取でもOKとなれば、現在施行されている子宮がん検診(細胞診)の対象者もだんだん減少していく可能性があります。そうなると引く手あまたの子宮がん検診のための非常勤募集も減少していくのでは、と少々心配になるところです。
このような話を入局同期の小田先生や青木先生、中野先生らとしていて、これからは子宮がん検診を進化させ不妊症や女性のQOLを向上させるためにも、子宮筋腫や子宮内膜症性卵巣嚢胞などを診断できるエコー検査を取り入れた女性QOL検診にしていくことが重要でないかという話になりました。
先生たちと話をしていく中で、同級生というのは研修医時代に戻ってざっくばらんに話すことができるとてもありがたい存在であることを改めて感じました。皆さんも周りの方々とはもちろんのこと、同級生との付き合いは特に重要ですのでぜひ大切にしてくださいね。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

2018-11-19 11:33:17

折りたたむ

2018.9.11.12. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、ご家族のため、産婦人科学の発展のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 今日は手短に報告だけしますね。
 先日、成育医療研究センターに出向中の和田先生が准教授に昇格しました。また、国立がん研究センター東病院に出向中の田部先生の准教授昇格、成育医療研究センターへ留学中の永田先生の講師昇格が教授会で承認されました。私はなるべく多くの先生に昇格してもらいたいと思っております。つまり、助教から講師へ、講師から准教授へ、そして准教授から教授へと、一人でも多くの先生に昇格してもらいたいと思います。昇格のためには臨床・教育はもちろんのこと、研究業績が必要です。これは大学というアカデミックな機関における昇格のためのルールですので、皆さん、毎日臨床・教育で大変だと思いますが、研究も頑張ってもらい、論文を書きましょう。それでは今週もよろしくお願いします。

2018-11-12 11:38:00

折りたたむ

第22回ISPDに参加しました。

7月9日から3日間、ベルギーのアントワープで開催されたISPD(International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy)に参加しました。主に無侵襲的出生前遺伝学的検査や胎児治療について最新の知見を学ぶプログラムが充実しており、非常にアカデミックな内容となっておりました。ディベートのセッションでは質問者が列をなして活発に議論を行う様子が印象的でした。当講座からは佐藤泰輔先生より1演題「Prenatal diagnosis using single-cell DNA analysis of circulating fetal cells using a single cell-based droplet digital PCR system」のポスター発表がありました。今回は国際学会に参加し、日本の学会とは異なる刺激を受け、貴重な経験ができました。今後も日本の学会だけでなく国際学会への参加も積極的に行い、それを通じて医療の質の向上につながるよう邁進していきたいと思います。

2018-11-05 10:13:37

折りたたむ

2018.9.10.29. 朝カンファレンス

 皆さん、おはようございます!毎日患者さんのため、ご家族のため、産婦人科学の発展のため、世界の女性を幸せにするために頑張っていただき本当にありがとうございます。
 
 IGCSとIFPAが皆さんの多大な協力のおかげで成功裡に終了したあと、息つく暇なく、日産婦渉外委員長として、韓国産科婦人科学会学術集会およびリオデジャネイロで開催された国際産科婦人科学会(FIGO)学術集会に参加してまいりました。
FIGOの開会式では日本から来たことをアピールするためにIGCSでは使わなかった浴衣を着て、でんでん太鼓も持って臨みましたが、各国の紹介スライドはたった一枚のみでしたので、肩すかしで終わった感じでした。
しかし、前神戸大学教授の丸尾猛先生がDistinguished Merit Award(優秀功労賞)を受賞され、開会式終了とともに日産婦若手委員の先生方と丸尾先生ご夫妻を囲んで一緒に記念写真を撮り、ステージの前で日本の存在をアピールできました。
 さて、日本のアピールと言いましたが、世界に日本のプレゼンスを示すことは大変重要だと思っております。昨日からインドの首相が来日し、安倍首相が別荘に招いて二カ国間の友好をアピールされております。先週は中国への訪問もされておられました。安倍首相はこの約6年間で計146カ国を訪問し、日本と諸外国との友好関係を内外に示されているわけです。
産婦人科の世界においての日本の存在感について例を挙げれば、日本の周産期死亡率は1000出産あたり2.6で世界でも最も低いですし、日本の産婦人科は、学問、医療のいずれにおいても、間違いなく世界のトップレベルにあるにもかかわらず、残念ながら、世界でそれが必ずしも認知されているわけではありません。
本学藤井理事長のお言葉をお借りすれば、私たちはこれまで、英文論文はもちろん、国際学会での発表も多数してきました。しかし振り返ってみると、国際学会に参加するかどうかの基準は、そのことにより自分が学問的に得るものがあるかどうか、自分にとってプラスとなるかどうか、ということであったように思います。ですから、欧米の学会に出席はしても、アジアなどの開発途上国の学会には参加してきませんでした。これからは、こうした国々を支援するという立場に立ち、特に次代を背負う若い先生方が積極的に教育講演に行くことによって、日本の高い学問、医療レベルを認知してもらえるようにしたいと考えています。矢内原先生、黒田高史先生、小田嶋先生が行ったカンボジアでの教育はとても素晴らしことです。
当講座には多くの国々から留学生が来ております。若い先生方はその様な外国の方と積極的に交流し、英会話能力を身につけ、日々臨床・研究・教育に励み、多くの学会に参加し、自分のアピールして、多くのチャンスを得て、将来的に日本のプレゼンスを示し、世界の産婦人科をリードしていってほしいと思います。本講座はそのようなチャンスを得るにはとても良い環境だと思いますので、リセプターを最大限に発現させ、ぜひチャンスを活かしてもらいたいと思います。それでは今週もよろしくお願いします。
 

2018-10-29 17:54:34

折りたたむ

第135回集談会で北海道大学 産婦人科学教室 渡利 英道教授にご講演いただきました。

北海道大学大学院医学研究院 産婦人科学教室 渡利 英道教授お招きして「子宮頸癌の診断・治療の現状と課題」と題して講演いただきました。
子宮頸癌に関する予防から治療はもちろん術後の合併症に及ぶまで幅広い内容をわかりやすく講演してくださいました。
北海道大学の豊富な臨床データを提示いただき、また今後は各施設ごとではなく、全国で協力をしてエビデンスやデータを出していく大切さを感じることができました。
渡利先生、この度は貴重なご講演を誠にありがとうございました。


2018-10-29 13:01:59

折りたたむ

JMIST Tissue Labトレーニングを行いました

2018/10/19 JMIST Tissue Labトレーニングを行いました。
過日、JMIST Tissue Labトレーニングを行いました。
Tissue Labトレーニングでは通常のDry-Boxを内部が見えないように遮蔽し、縫合や結紮はもちろん、電気メスやアドバンスドバイポーラーや超音波凝固切開装置などのパワーデバイスの操作に慣れることを目的としたトレーニングになります。
内視鏡技術認定医が指導医として参加し、主に研修医・レジデントを対象にトレーニングを行いました。
JMISTでは、どの施設でも同じような手術が安全に遂行し、知識・技術の共有と体系化を図ることを目的としています。
これを達成するため、今回のような各施設のスタッフが一緒にトレーニングを行う取り組みを今後も続けて参ります。

2018-10-24 15:53:29

折りたたむ

【重要】腹腔鏡手術(本院)についてのご案内

この度、本院 にて毎週水曜日の午後に腹腔鏡の専門外来を開始いたしました。
取り扱う内容についてはこちらのPDFファイルの通りとなっております。
 

2018-10-23 17:38:20

折りたたむ

第4回JMISTビデオカンファが開催されました。

2018/10/06 第4回JMIST ビデオカンファが行われました。
今回は豊橋市民病院 女性内視鏡外科部長 梅村康太先生を講師としてお招きしました。
特別公演に加え、当院からの技術認定医申請予定のビデオクリニックなども行われ、大変充実した内容となりました。
技術認定医審査におけるポイントやTLH、悪性手術におけるコツなどをわかりやすく講演いただき、大変勉強になるものでした。
近年需要が高まっている腹腔鏡手術であり、今後とも当院で発展させていけるよう研鑽してまいります。
梅村先生この度はありがとうございました。

2018-10-11 11:26:20

折りたたむ

IFPA 2018が開催されました。

2018年9月20日~9月24日に当講座主催によるIFPA2018が開催されました。
今回は第26回日本胎盤学会学術集会および第36回日本絨毛性疾患研究会も合同開催となりました。
慈恵医大の新しくなった医局棟(講堂)での記念すべき最初の学会でしたが、無事に開催することができました。
IFPAは胎盤に関わる基礎研究がメインとなりますが、Early careerの先生による発表や今年御年9○歳になられる先生によるご講演もあり、内容は多岐にわたり、どのセッションも大変盛り上がりました。
また当講座からもたくさんの演題の発表があり、若手の先生方の貴重な機会となりました。
もちろんセッションだけではなく、3日間の懇親会は多くの先生方に楽しんで頂くことができました。
普段の臨床ではなかなか基礎研究に関わる機会がありませんでしたが、今回の経験を生かして、臨床だけではなく研究も発展させていけるよう精進します。

2018-10-11 11:25:26

折りたたむ

平成30年5月31日~6月5日ASCOに参加しました。

American Society of Clinical Oncology (ASCO)に参加しました。

平成30年5月31日~6月5日にシカゴで開催されたASCOに参加する機会をいただきました。
世界中から約3万人が参加する学会で、会場の広さや人の多さに圧倒されました。婦人科腫瘍の演題数は164題ありましたが、JCOG0602試験やGOG0213試験といった世界から注目を集めている研究の結果報告もあり、最新の情報を目の前で得ることができ大変刺激的でした。
今回学んできたことを診療に還元すると共に、今後も新たな知見を追求していきたいと感じました。

2018-10-02 10:07:14

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5